本当にあった感動エピソードとは?

世の中には、感動に溢れるエピソードが沢山あります。人の数だけ、感動エピソードがあるといっても過言ではありません。今回は、感動話を中心に、実際にあったら嬉しいことや、多くの人が共感できる感動エピソードの傾向をまとめて、シーン別に解説していこうと思います。

具体的には

などを中心に解説していこうと思います。

感動エピソードとは?

感動は、人の数だけありますが、実際に多くの人が感動する話ってありますよね?たとえば、映画や小説なんかもそうですし、実際に多くの人が経験するシーンに置き換えて考えるとわかりやすいですよね?例えば、学校生活や恋愛、結婚に夫婦生活などがあります。病気にかかって、不治の病が嘘のように治った話や、飼い主に最後まで寄り添うペットの話など、どれも他人事の話とは思えないことばかりです。

私たちは何に感動する!?

私たちは、どのようなものにたいして感動を抱くでしょうか?人と人との繋がりを再認識した時であったり、ペットであったり、何にせよ、感動エピソードには必ず自分以外の何かが登場します。多くの場合が、人と人との関係の中で感動が生まれます。つまり、感動には人が関わり、そこには愛があるのでしょう。

もちろん、景色やモノにも感動はありますが、人と人とが繋がっている時ほどではありません。モノに感動を抱くとすれば、それはおそらく人や何かが作り上げたものであることが多いでしょう。景色や自然に感動を抱くのは、それが自然の手によって作られたものだからです。しかし、鉄や砂など、無機質なものに対してはほとんど感動は関わってきません。

芸術家が、河原の石ころを見て、感動を抱くのは、その石ころが自然の力によって、偶然、美しいフォルムになっているからであって、無機質なもの自体に感動を抱くことはさほどないでしょう。